横浜で みんなで祝おうブラジル日本移民110周年

日系社会とブラジル

  • HOME »
  • 日系社会とブラジル
サンパウロの移民110周年式典で祝辞を述べらる眞子様

AFP時事

ブラジルで移住110周年式典=眞子さま出席、日系人190万人に
 世界最大の日系人社会を有する南米ブラジルの最大都市サンパウロで7月21日、現地日系団体などが主催する日本人移住110周年を祝う記念式典が開催された。公式訪問中の秋篠宮家の長女眞子さまは式典で、先人の苦労をしのぶとともに、移民を受け入れたブラジルに感謝の意を表明された。
地球の反対側に位置するブラジルには、1908年に「笠戸丸」で最初の契約移民ら781人が渡って以来、推定25万人の日本人が移住。コーヒー農場労働者を振り出しに、現在は6世代、約190万人の日系人が暮らし、各界で活躍している。
式典には約4000人が参列。幼い頃からブラジルに親しみを感じていたという眞子さまは「日本からの移住者を温かく受け入れてくださったブラジル政府とブラジルの方々に感謝するとともに、移住者とそのご子孫が努力を積み重ねて今日の日系社会の発展を築き、支えてこられたことに心より敬意を表します」と述べた。 【サンパウロ時事から】

中南米の日系人
ブラジル   190万人
ペルー      10万人
アルゼンチン 6万5千人
メキシコ   2万人
ボリビア   1万4千人
パラグアイ  1万人
チリ           3千人
コロンビア  2千人
キューバ   1200人
ベネズエラ  820人
ドミニカ共和国800人
ウルグアイ      460人

日本を助けたおくりもの ララ物資にみる海外日系人との絆
 第二次世界大戦終戦直後の荒廃した日本では、食料や衣料をはじめとする生活必需品を手に入れるのが大変でした。そんなすべてのものが不足していた時代に、海外のララという団体から、たくさんの支援物資が届いたことをご存知ですか。
ララから届いた支援物資はララ物資とよばれ、1946年から52年までに、ミルク類、穀物、缶詰、バターやジャムなどの食料品をはじめ、衣類、医薬品、靴、石けん、学用品のほか、乳牛やヤギなどが届けられました。
その総額は、今のお金で400億円を超え、そのうちの20パーセントが、日本を救おうと立ち上がった北米、ブラジル、アルゼンチンなど海外在住の日本人、日系人からの善意のおくりものでした。
新港地区海上保安庁のゲート前に、香淳皇后(昭和天皇妃)がララ物資への感謝を詠んだつぎの御歌の記念碑があります。
「ララの品 つまれたるを見て とつ国のあつき心に 涙こほしつ」      注)とつ国=外つ国=外国
「あたたかき とつ国人のこころつくし ゆめなわすれそ 時はへぬとも」

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.